NEWS

◆次回イベント◆古屋兎丸先生トークショー

◆2017年4月24日(月) 

映画「帝一の國」公開&原画展開催記念!!
~古屋兎丸、桜花のトークショウ~

 

◆日時:2017年4月24日(月) ※終日イベント貸切営業
◆開場18:30 開演19:00 終演20:30(終了後は懇親会)
◆入場料3500円 定員35名

超豪華俳優陣が集結し話題沸騰の『帝一の國』映画公開&銀座ヴァニラ画廊での
原画展開催を記念して、漫画家古屋兎丸先生トークショー&懇親会を開催致します!

聞き役にはジャンプSQ『帝一の國』担当編集の小菅隼太郎氏をお迎えし、4月4日発売のジャンプスクエア5月号に掲載される新作読み切りについて、また映画撮影現場の裏話なども惜しみなくお話しいただきます。

毎回大好評のイベント限定のカクテルもご用意いたします!
トークショウの後は古屋先生を交えて、お酒を飲みながら作品について語らいあいましょう。もちろんノンアルコールカクテルもございます♪
この貴重な機会をどうぞお見逃しなく!!

 

❀ 古屋兎丸

東京都出身。多摩美術大学美術学部絵画学科(油絵専攻)を卒業。『月刊ガロ』(青林堂)にて『Palepoli』(パレポリ)でデビュー。作品の内容はシリアスなものからユーモラスなものまで幅広い。役者として映画出演、脚本やキャラクターデザインにも携わる。
2016年『ゴーゴーバンチ』(新潮社)で『女子高生に殺されたい』、『ジャンプSQ.』(集英社)で『帝一の國』が完結。2016年10月より『ゴーゴーバンチ』(新潮社)で『少年たちのいるところ』、2017年1月より『モーニング・ツー』(講談社)で『アマネ†ギムナジウム』を連載中。

 

❀ 小菅隼太郎

「ジャンプスクエア」副編集長。2002年、集英社入社。
「月刊少年ジャンプ」に配属され、漫画編集者としてのキャリアを積む。以降、「ジャンプスクエア」創刊に携わり現在に至る。主な担当作品は『帝一の國』『幻覚ピカソ』『終わりのセラフ』『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』『1/11 じゅういちぶんのいち』『血界戦線』『CLAYMORE』『テガミバチ』等。

 

→ヴァニラ画廊での展覧会詳細はこちら!

 

★ご応募方法★

http://www.vanilla-gakuen.com/kouza/1704/

2017年4月4日0:00~23:59まで上記ページ内にメールフォームが設置されます。

そちらよりご応募ください。

そちらからご応募頂いた方の中から抽選で35名様にご案内をお送りいたします

  • ※抽選後、ご当選者された方のみメールにてお知らせいたします。
  • ※ご応募はお1人様1回でお願いいたします。2回以上のご応募があった場合は無効となります。
  • ※必要事項はすべてご記入ください。

 

◆次回展示◆イリナ・イオネスコ写真展『鏡越しの幻影たち』

イリナ・イオネスコ写真展

鏡越しの幻影たち

会期:2017年4月25日(火)~7月16日(日)

 

白い肌を際立たせるレースを纏い、深い陶酔に身を任せ、鏡の中の神殿に繋ぎとめられる永遠の乙女たち。

過剰に装飾が施された舞台装置の中央で寛ぐ、オブジェのようなその美神は、挑発するように、追懐するように、見る者の欲望を視覚化させる。

 

イオネスコは自らの作品を「鏡」であると言明する。鏡越しに照り返されるものは自分自身であり、かつての若き肉体であり、遂には母親の姿である。

世界が鏡に映し出されたとき、創り上げられた幻影は奥行きを失い、定着される。それは誰も入り込むことが出来ない、幽閉されたイマージュの楽園である。

 

 

 

BAR十誡「秘密の小部屋」にて、フランスの女流写真家、イリナ・イオネスコの写真展を開催します。

1998年に制作されたイオネスコ自選のポートフォリオ[Porte Doree]からセレクトされた16点を展示いたします。秘蔵のコレクションをどうぞお見逃しなく。

 

 

◆イリナ・イオネスコ

1935年パリに生まれる。

幼年期をルーマニア・コンスタンツァで過ごした後、再びフランスに戻る。1965から写真を撮影し始める。1977、娘であるエヴァ・イオネスコをモデルに写真集「鏡の神殿」(Temple aux miroirs)を発表しセンセーションを呼ぶ。

 

 

☆新入荷ウイスキー紹介☆THE GLENLIVETシリーズ

モルト好き必見!新入荷ウイスキーのご紹介です!

◆ザ・グレンリヴェット 21年 アーカイヴ◆

 

熟成年数の長さだけではなく、バーボン樽、シェリー樽、ホグスヘッド等の異なる樽での熟成により、その潜在力を最大に発揮した、深く複雑な味わい!

成熟した豊かなシェリーの風味。

ドライフルーツ、ナッツ、スパイスの香りに、オークや、針葉樹、ほのかなユーカリの香りが調和しています。

オーク香はトーストしたパンや、フレッシュな柑橘類、オレンジピールを思わせる香りへと変化します。

滑らかで甘美なシロップのような味わい。

シナモンやスパイスの乾いたスパイスフレーバーも徐々に広がり胡桃やレーズンの入ったケーキやダークチョコレートの味わいが複雑に絡んでいます。

暖みのある、ナッツの豊かな風味や、リコリスの力強い香りが長い余韻となって続く逸品です。

 

◆ザ・グレンリベット25年◆

品質、パッケージともに権威と最高峰を表現する「ザグレンリベット25年」。

1980年に樽詰めされたバーボン樽熟成の原酒を、2004年から2年間ファーストフィルのオロロソシェリー樽を用いて仕上げ熟成。

レンジのなかで最長の熟成を経た逸品で、ザグレンリベット本来の個性を生かしながら、シェリー樽由来のナッツやスパイスなどの風味が幾重にも調和する深い味わいと琥珀色に輝く豊かな色合いをもつ、最高峰の品質に到達。

シェリー樽熟成による、熟したフルーツやスパイス香にウッディな香りが調和。

スパイシーな中に、ダークチョコレートやオレンジピールの風味を伴う深い味わい….ドライでスパイシーな風味が長く続き、最終的にフルーティーな甘さが余韻となって残ります。

 

◆グレンリベット 15年 2001◆

おすましライオンが可愛いGM社のGLENLIVET。

グリーンのラベルのこちらは15年熟成。青りんごやマンゴーのようなフルーティさ、また樽由来の甘みが感じられる上品な一本です。

現行のGLENLIVETとの飲み比べもオススメ!

◆グレンリベット 35年 1965◆

こちらもGM社のGLENLIVET35年熟成です。

今から50年以上も前の秘蔵の原酒コレクションをGM社がボトリング。

輝く上品な琥珀色、甘く爽やかでトーストした麦芽のような香りが広がります。

はじめは甘く、ヘザーハニーがはっきりと感じられ、挽きたてのコーヒー豆のような香りが続きます。

爽やかでよくトーストした麦芽の香りが漂う。熟したスグリのようなフルーツの要素が広がり、ほのかにアニスも感じられます。

半世紀を超えた深みのある味わいを是非ご賞味ください。

?GM社とは?

ゴードン&マクファイル社は膨大な古酒のストックを保有し、様々な有名・無名蒸留所のアイテムを独自にボトリングしているボトラーズ会社です。

安定した高い品質に絶大な信頼が寄せられており、GM社のボトルは外れなしと言われている程!

 

この他にも珍しいボトラーズ各種取り揃えております!

ハーフショットからご提供可能です。スタッフまでお気軽にご相談ください♪

 

十誡